低コストで併用住宅が建てられる|空いている住居を活用

家

住宅購入と費用

インテリア

住宅を購入する場合、費用を抑えながら購入する対策として、中古一戸建てがある。郊外ほど、価格が安くなる傾向があるが、鎌倉などの人気エリアでは高い場所もある。そのような際も、中古一戸建てを活用することで購入しやすくなる。

詳細を確認する

住宅を新しく建てる

住宅

新築住宅を朝霞で建てるときは、ローン返済を考えないとダメです。そこで返済シミュレーションを利用してどれくらいの期間がかかるのか見ておきましょう。変わった住宅や用途に応じた住宅を作ってもらいたい場合、設計事務所や工務店に依頼すると良いです。

詳細を確認する

家を建てるなら更地が必要

住宅

飯能では住宅用に建設できる区域が決まっています。どこにでも建てられるものではないので土地選びをするときは注意しておきましょう。また土地の耐久性も重要で水域を埋め立てていると耐久性に難があるのです。予め調べておき安全な土地を買います。

詳細を確認する

ただでマイホームを建てる

女性

2つの用途を持つ住宅

マイホームを建てる場合、よほど手持ちのキャッシュに余裕のある人でない限り通常は長期にわたる住宅ローンを組むこととなります。そのため、月々の返済が家計の負担になり過ぎないよう慎重に資金計画を立てる必要があります。ところで最近、マイホームを建てることにより却って家計の負担を軽減するという、画期的な方法が話題を集めています。それが賃貸併用住宅の建設です。賃貸併用住宅とは、通常のマイホームに賃貸住宅用の住戸が付設された建物のことをいいます。建て方はいろいろですが、具体例としては1階部分がオーナーの住居で2階以上がアパートになっている、低層階が賃貸マンションで最上階にオーナーが住む、といったパターンが考えられます。

ローンの返済を相殺できる

賃貸併用住宅を建設するメリットとしては、何と言っても家賃収入が得られる点が挙げられます。得られた利益は当然家計の足しにすることができますし、もし月々のローン返済額と同額またはそれ以上の利益がでるなら、実質的にただでマイホームを手に入れられることになります。そしてローン完済後は家賃収入をそっくり生活費として使えるため、老後の生活資金などに利用することができます。また、賃貸併用住宅には投資物件としての魅力もあります。というのもマイホーム部分が全体の半分以上を占める場合、事業者向けのアパートローンよりも利率の低い一般向け住宅ローンが利用できるからです。つまり別個にアパート等を建てて経営するよりも高い利回りが期待できるのです。